Menu

郵送検診のメリットを説明します

郵送検診を利用するメリットとデメリットについて解説します。まず郵送検診とは各保険組合に申し込みをすると、自宅に検査キットが届くので都合のいいときに自分で採取し検査できる検診です。自宅で検診できるので、集団検診を受けたがらない方や重症度の高い中高年の方などを中心に利用者は増加傾向にあります。なかなか医療機関に行く時間が取れない方やがんを早期発見したいと考える方には便利な検査方法といえます。郵送で検査キットが送られてくるのでプライバシーも守れますし、手軽に自分の体の状態を知ることが出来ますので、日々の健康に役立てることが出来ます。ただ、検体を自分で採取する方法は正しく検体が採取できているかどうか未知数であるとの指摘があります。大腸がんなどの検体は郵送での温度管理がきちんと出来ていない中での検査結果が正しいのかどうかという疑問が残るとの声もあります。

郵送検診を利用するとこんなメリットがあります

郵送検診を利用する方は今や病院に行きにくい方たちばかりではなく、健康に関心がある全ての方が手軽にできる検査法として増え続けています。外出するのが困難な方や病院に行く時間が取れないという方には大変便利な検診といえます。病院までの交通費や待ち時間が長いといった悩みも考えないで済むでしょう。今や検査キットがたいへん進化してきており、腸内の状態を知ることができるキットや自宅で採血して検査を受けることができる血液検査キットや自分でできる遺伝子検査のキットまで種類豊富にあります。もちろん普段医療機関に通っている方はそこでの検査を踏まえた上で検査キットも併用して自分の健康管理に役立ててみてはいかがでしょう。思ってもみない病の発見につながるかもしれません。病気の早期発見につながるということは大きなメリットです。

郵送検診のメリットを説明します

郵送検診のメリットとしては病気の早期発見でしょう。これは郵送検診を希望する多くのかたの目的だと思われます。やはり病院等の定期的な検診を受けていない方にとっては手軽に検診を受けられると言うのは大きな利点です。昨今、検査キットも精度が高まっており医療機関の検査と同精度とされて厚生労働省から組合せ医療機器として認められた在宅にて行える血液検査キットなど信頼性の高い検査キットも存在しています。特徴としてはどこでも自分でわずかな採血が短時間で行える、検体をポストに入れ郵送のみで済ませられ、検査結果は数日で分かる、失敗しても無料でやり直しができるといったものです。今や日本の人口のうち三割の方ががんで亡くなっているという現実を知ると病気の早期発見が早期治療に大切なことがよくわかります。

従業員・組合員の健康リテラシー向上、健康経営や働き方改革推進につながる各種ご提案が可能です。 弊社営業担当が全国の企業・健康保険組合に伺います。 健診・保健指導実施率の向上をサポートします。 案内発送から予約手配、受診勧奨、結果データ一元化、精算までを一括代行するネットワーク健診サービスです。 ネットワーク健診とHSSのセット導入キャンペーンを行っています。 病院に行かなくても自宅で健康診断が受けられる郵送診断!