セルフ洗車場を簡単リサーチできる優良検索サイト5選

第1位 洗車専科

  • 洗車場サービスの特徴などからも検索が可能

  • 汚れの原因や手入れのポイントなどをサイトで紹介

  • クーポン配布しているので通常価格よりお得に洗車が可能

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

洗車専科に対するみんなの口コミ

アウトドアに出かけた際についてしまったボディーに張り付いた虫汚れが気になり、こちらのサイトで検索をかけ近くの虫汚れに対応...
出先で時間が空いたので、洗車もできるガソリンスタンドを探していました。洗車専科だと、現在地を把握してくれ5km圏内や10...
車の汚れが気になり、自宅から近隣の洗車場を検索しました。普段は自分で洗車しているのですが、セルフではなくたまにはプロに任...

全国の洗車場の掲載数がNo.1

洗車専科では日本全国のセルフ洗車場を掲載しているので、お出かけ先でもいつでもどこでも近くの洗車場が検索できます。

第2位 EPARK

  • 会員登録をして予約をするとポイントが加算される

  • 洗車の予約ができるので、待つことなくスムーズに洗車が可能

  • キーワードからでもお近くのセルフ洗車場が検索できる

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

EPARKに対するみんなの口コミ

新しく車を買って初めての洗車はプロにお願いしたいと思い、近隣の洗車サービスを行っているガソリンスタンドを検索しました。す...
週末に洗車をお願いしようとこちらのサイトで予約しました。時間も指定でき、待ち時間がゼロだったのでストレスを感じることなく...
いつもは思い立ったら洗車も行っているガソリンスタンドに立ち寄っていたのですが、時間のロスになっていたので今回はウェブで事...

ネット限定の割引価格で洗車サービスを提供

EPARKでは近くの洗車サービス取り扱い店舗の検索はもちろんですが、ネット限定価格を設けてる店舗もあります。

第3位 洗車ナビ

  • 細かい部分の洗車の悩みもわかりやすく漫画で解決

  • 手順を説明しているので初心者でも洗車が可能です

  • 全国各地のコイン洗車場を都道府県を選ぶだけで検索可能

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

洗車ナビに対するみんなの口コミ

洗車したいと思っていてもなかなか自分で動けずにいたのですが、洗車ナビで洗車の仕方や知識を知りセフルで洗車してみようと気が...
本格的なコーティングなどをすると多大な金額がかかってしまうので、どうにか自分でできないかと悩んでるうちにこちらのサイトに...
休日に父と一緒に洗車をしました。その時に自宅近隣にあるコイン洗車場に行きました。洗車用品の使い方なども最初はわかりません...

洗車のことなら洗車ナビがサポート

漫画や写真付きで洗車の豆知識や手順など、使用する洗車用品の使い方まで細かく説明しているので、普段洗車に慣れていない方でも安心して利用できます。

第4位 宇佐美サービスステーション検索

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

サービス内容がアイコン表示で一目でわかる

宇佐美サービスステーション検索サイトではサービス内容によってアイコンを25個に分けて表記しています。

第5位 コイン洗車場検索サイト

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

コイン洗車場の検索に特化したサイト

全国にあるコイン洗車場の情報を網羅しているので、お手軽に洗車を済ませたい時はコイン洗車がおすすめです。

水跡の綺麗な落とし方

クールな車愛車を守るために洗車を小まめにしないといけない。これは、自動車を所持しているのであれば、常識的な考え方になります。もちろん、洗車は面倒な作業になるため、ついつい蔑ろにしてしまいますが。ともあれ、昨今の洗車場は24時間営業をしている場合もあるため、こういった施設を積極的に使用していきたいところです。洗車のお話ということで、自動車に大敵の「水跡」というものがあります。今回は、この水跡の綺麗な落とし方について触れていきます。
頑固な水跡の場合…「食器用洗剤」で綺麗に落とすことができます。実は頑固な水跡の正体は「油」です。油であれば食器用洗剤が適任のため、綺麗に落とすことができるわけです。ただし、すすぎ残しがあると劣化の原因になるため注意が必要です。(薬品が強いため、泡などが残ってしまえば、ゴムなどが早く劣化してしまう可能性がある)この食器用洗剤は基本的に泡立ちが凄いため、できればセルフ洗車場など整備が整っているところで洗車をすると何かと便利です。なので、近くの洗車場を検索してみてみるとよいでしょう。
また言うまでもありませんが…一般的な洗車で落とすことは可能で小まめに行えば問題ありません。直ぐに綺麗にすることができるため、面倒と重々承知していますが、頑張って洗車をしていきましょう。

車体の下部の汚れ

車体の低い車自動車の洗車をするとき、ついつい見える部分だけを重点的に洗ってしまうものです。つまり、自動車の下部の汚れの洗浄はあまりしないという状況です。昨今のセルフ洗車場は24時間営業をしているケースも多く、そういったところで観察をしていても「下部をきっちり洗車している」という人は皆無です。洗車をガソリンスタンドで依頼をすると、きっちりと実施してくれるため…さすがプロといったところでしょうか。ともあれ、下部の汚れを放っておくと錆びてしまう可能性もあるため、洗車するときは忘れずに行いたいところです。特に、海の近くを走ったり、融雪剤が巻かれている道路を走った後はなおさらです。
さて、先程、洗車をガソリンスタンドで行うと、下部もきっちりと行ってくれるというお話をしましたが…。実を言うと、洗車を業者に依頼するとき数百円のオプション料金で行うというケースが意外と多いです。つまり、基本サービスには含まれていないということです。ただ、海や融雪剤の道を走行した場合は、数百円をケチらずに綺麗にしてもらうとよいでしょう。
ちなみにですが、下部を塗装することで汚れの予防ができます。たまに、ディーラーなどに「下部を塗装しますか?」というお話があるかと。するのとしないのとでは大きく劣化速度が異なるため、言われたときは熟考して選択するようにしましょう。

ガソリンスタンドの自動洗車は安全?

黒い車昨今、洗車をガソリンスタンドで24時間、時間帯に関係なく行うことができるようになっています。24時間営業のガソリンスタンドが多いため、至極当然のことではあります。
ただし、注意をしたいことが…。それが、夜中に洗車をガソリンスタンドで24時間お構いなしに依頼をすると…。「スタッフが洗車するのではなく洗車機に入れられてしまう」ということです。やはり夜中になってくると人手不足もあり、手っ取り早く洗車機に入れられてしまうわけです。
となってくると…こんな不安が頭を過ります。「愛車に傷が付いてしまうのでは?」と。若い世代は知らないかもしれませんが…一昔前までは、車に傷が付くという話があったため、このような不安が頭を過るわけです。では、今もその傷を付けられてしまう心配があるのか?と気になるところ。結論からいえば、最近は、かなり進歩しているため問題ないとなります。例え傷が付いてしまったとしても、非常に薄い傷でコンパウンドなどを駆使して軽くこすれば直ぐに消すことができる程度のものです。(とはいえ、コンパウンドの使い過ぎもよくないため、できれば絶対に傷を付けて欲しくはありませんが)
ともあれ、洗車場の24H営業などのお店でも洗車機などを見ることができます。こちらも、似たような状況にあるため、安心して自動洗車サービスを利用していきましょう。

愛車をキレイに保つコツ

家族団らん愛車を綺麗に保つコツが、ここでのテーマになります。言うまでもなく…結論は決まっています。そのコツは「とにかく小まめに洗車をすること」となります。当たり前のこと過ぎて、何も言うこともないかと。そこで、ここでは小まめに洗車するコツについて触れていきます。
そのコツとは…近隣の洗車場を見つけておくことです。昨今、近くに洗車場が必ずあると行ってもよいほど、セルフ洗車場は増えてきています。洗車をガソリンスタンドで行うとなっても、24時間態勢で受け入れてくれるため、いくらでも洗うことができるわけです。やはり近隣に洗車場があれば足を運びやすいため、自然と洗車回数が増えて、小まめにできることに繋がってくるわけです。
これとは別に綺麗に保つ方法があります。それが、ケチらずにお金を掛けるということ。例えば、車体全体に撥水コーティングなどのメンテナンスを施しておくということです。やはり撥水コーティングは綺麗に保つ大きな武器になるため、積極的に装備したいものです。そして、屋根がないような場所に愛車を停めるのであれば、可能であれば使わないときはカバーを掛けておくとよいでしょう。車にとってホコリを纏った風雨ほどやっかいなものはありません。これから根絶的に守るためにもカバーは有効な手段です。

▲ ページトップへ