車検は定期的に行おう
2017.07.26

かっこいい車のイラスト自動車を安全に乗るために、愛車を定期的に点検する。車を乗る人として、当然の責務です。というよりも「道路交通法」にて定められています。例えば、高速道路に乗る前に、タイヤの空気圧などを点検し走行に支障をきたさないようにすると。したがって、高速道路でバーストをしてしまうような場合、この点検を怠ったとし罰則が与えられることもあるわけです。ともあれ、ここでのテーマは車検…つまり車の点検を定期的に行おうというお話をしていきます。後ほど詳しく記載しますが、昨今、セル洗車場などもで、セルフチェックすることが可能なため積極的に利用をするとよいかと。
■車検を行う理由を改めて知ろう
そもそも車検を行う理由をご存知ですか?新車で購入した場合、新車登録から3年後に1回目の車検が行われます。その後は2年周期で実施されます。そして自動車のオーナーはこんなことを感じます。「またこの時期がきた…車検は高いから嫌だ」と。しかし、車検というものは、そもそも「安全に車に乗るための必要な検査」という位置づけです。このように強制的に検査をしていかなければ、全く検査をせず乗り続けてしまい重大な事故に発展させてしまう可能性が出てしまうわけです。これを防ぐために行っているということを認識しておきましょう。
■車検以外でも点検をする必要がある
ちなみにですが、車検は法律で決められているため、必ず検査をしないといけないものです。他にも実は点検をする時期というものが定められています。それが、半年点検だったり、1年点検だったり、車検以外の定期的な検査です。こちらは任意の検査となっていますが、確実に受けることを強くオススメします。ディーラーで新車購入をした場合、必ず案内が送られてくるはずなので、点検をしてもらうとよいでしょう。昨今は、ガソリンスタンでも点検してくれるため洗車ついでや、給油ついでにお願いしてみるのも1つの手かもしれません。
■近くの洗車場で洗車ついでにセルフチェック
ここまでは、あくまでも法令で定められた点検についてのお話でした。しかし日頃から定期的に自分自身でセルフチェックをすることも大切になります。最近、セルフ洗車場には、チェックできるアイテムが多く貸し出されているため、これらを活用するとよいでしょう。洗車場は24H営業していることも多いため、思い立ったときにセルフチェックができるというメリットがあります。近くの洗車場は24時間営業ではない!という人も、検索エンジンで検索すれば何処かしらは見つかると思うので探してみてください。

▲ ページトップへ